concrete5 サイト属性について

この記事はconcrete5 Japan Advent Calendar 2017の6日目です。前回は mizuno.fumitoさんの 「concrete5のユーザー登録時に、ユーザーをグループ分けする処理」でした。

記事は concrete5 バージョン 8.2.1 を基に作成しています。

concrete5 バージョン8 より サイト属性 が導入されました。

以前よりページ属性という機能があり、その概念に近いのでまずはページ属性を簡単に説明したいと思います。

1.ページ属性の概略

ページ属性とは、たとえば ブログで言う「タグ」や トップページや人気ランキングページなどのブログ一覧表示をするときの「サムネイル画像」などを設定できるものです。concrete5ではそれ以外に、「ページリストブロック」や「オートナビブロック」を使用したときに一覧より非表示にする設定や、「METAタグ」の設定などに使用します。

僕の場合は、主にページ属性を設定したページに表示しないもののために使用することが多いです。(しかし、ページ属性の使用方法の自由度は高く、表示に使用することも可能で、「ページ属性表示ブロック」も標準機能で搭載されています。)

2.サイト属性の概略

さて、本題の サイト属性について書きたいと思います。

concrete5 バージョン8より「サイト属性」という機能が追加されました。

サイト属性とは、さきほど簡単に説明した(ここ強調)ページ属性のサイト全体で使用するバージョンです。設定画面は[管理画面 → システムと設定 → 名前&属性 → 属性管理] にあります。設定に関しては concrete5japan 公式サイトの下記のアドレスで確認してください。

https://concrete5-japan.org/help/5-7/recipes/get-site-attribute-value/

使用例としては 「サイト全体で使用するロゴや 会社名・住所・通称」 など あちらこちらで使用する項目(ページの特定の場所以外にも出てくる項目)に使用できます。会社名だとページのヘッダーやフッター、または会社概要のページにも使用されると思います。そのような場合に、サイト属性で会社名を設定しておけば、サイト属性を変更すれば サイト全体での変更が可能になります。

たとえば、company_name というサイト属性を表示する場合のコードは、下記のとおりです!!

concrete5 バージョン 8.2.1現在、サイト属性を表示するにはテーマやブロックのカスタムテンプレートに直接コードを書くとこになります(残念。。)

 

3.サイト属性表示用ブロックを作ってみました。

そこで、サイト属性表示ブロックを作ってみました。(記事現在 バージョン 0.9.0)

https://github.com/acliss19xx/concrete5_site_attribute_display

上記URLのページの[clone or download] から ダウンロードして解凍してできたフォルダを concrete5 の packages フォルダに入れて

[管理画面 → concrete5を拡張]

より インストールしてください。

パッケージのフォルダ構成
site_attribute_display
|-blocks/site_attribute_display
|-controller.php

インストールが無事完了すると ページ編集画面のブロックの一覧の一番下に [site attribute display ]という ブロックタイプが追加されますので、ページに設置してみてください。

また、ブロックの使用感やバグなど、このブログのコメント欄やgithubのissueを利用して教えていただけるとありがたいです。

コメントを残す